スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エディット・ピアフ』東京前楽観てきました♪

2/12(土)夜
110212 (3)

天王洲アイルの銀河劇場で観てきました・・・
110212.jpg

ミュージカル『エディット・ピアフ』

言わずと知れたフランスの偉大なシャンソン歌手「エディット・ピアフ」・・・
その波乱万丈な半生を、有名な楽曲と共に描いたミュージカルです。
110212 (2)

<キャスト>
エディット・ピアフ:安蘭けい
イヴ・モンタン/テオ・サラポ(二役):浦井健治
マルセル・セルダン:鈴木一真
シモーヌ:佐藤仁美
警官:八十田勇一
ピアフの母(幻)/テオの母(二役):床嶋佳子
レイモン・アッソ/テオの父(二役):中嶋しゅう
ルイ・バリエ:甲本雅裕
<ミュージシャン>
アコーディオン(桑山哲也)、ピアノ(岩間南平)他

詳しくは公式サイトへ
http://hpot.jp/piaf/

この日はアフタートークショー付きの日・・・その記事はアメブロで書いています。
ミュージカル『エディット・ピアフ』東京前楽のアフタートークショー

110212 (6)
<ロビーのバーカウンターではキャストにちなんだドリンクメニューが沢山>

110212 (5)


110212 (4)
<カウンターの上ではイブ・モンチー君(笑)がお出迎え>


言わずと知れたと言っても私がタイトルまで知っているのは、「愛の賛歌」位なものでした。

波乱万丈な人生については、ピアフ関連の特番である程度の知識はついていたものの、

そんな無知に近い状態で観に行って楽しめるのか?

・・・・

充分楽しめました。

感涙です(T_T)

主演の安蘭けいさん・・・

歌声からは、何か人生そのものの様な壮大な熱い生命力と切なさが伝わってきました。
前半の楽曲
 「私の兵隊さん」 ピアフの実体験を描いた、外人部隊の兵士との切ない恋の歌
で思いもせず涙がこぼれました。
クライマックスでもない前半シーンなのに自分でもビックリ。



数多いピアフの恋人の内、二役を演じた・・・

浦井健治さん

イヴ・モンタン役の時に歌った楽曲
 「枯葉」
深く深く奥まで染みいる良い曲でした。
浦井さんの歌っている時の表情も合わさって、その切なさに胸が苦しくなりました。

テオ・サラポ役は、もうその優しさが半端無い!!
ピアフに対する大きな愛が、静かに優しく伝わってきました。
また、浦井さんの声!!!
テオの役柄にピッタリでした。
ピアフに語りかけるその口調が、もうとろけそうな位優しい。
「どうしたの?」「大丈夫だよ」とか・・・キュン(←古)としちゃいました。

今回は2階の上手側ボックス席に座ったのですが、2つ隣のボックス席に演出で浦井さんが立たれた時は、思わず「惜しい」って悔しい思いでした(笑)

モンタンとテオ・・・シャンソン初挑戦というハードルがあったにも関わらず、ピアフが愛した全く違う二人の男の演技と歌声を見事に違う印象で演じ分けている浦井さんはやっぱり素敵。



ピアフが情熱を燃やして愛しつくした男、マルセル・セルダンを演じた・・・

鈴木一真さん

彼はボクサーなので、歌うシーンは無いのですが、とっても紳士な感じが素敵でした。
奥さんもお子さんもいらっしゃる役なので、ピアフとの関係は褒められたものではありませんが、それでも応援したくなってしまう様な、あなた無しでは一分だって生きていられないってくらいの情熱的な絆を感じる2人の演技にドキドキしました。



幸せから一転、マルセルの不運な死を予感させるシーンは、鳴り響く電話のベルが別れの予兆…不安感を増長させる演出で、怖いくらいでした。
マルセルを失ったピアフ・・・安蘭さんの演技の見所です。
狂気じみたピアフの言動に行動・・・マルセルの死がもたらした悲しみが伝わって来て、涙を流して鼻をすする音が客席のあちこちから聞こえました。



この舞台のユーモラス部門担当の代表格がピアフのマネージャールイ・バリエ役・・・

甲本雅裕さん

舞台始めっからピアフの周りをウロチョロしているのですが、いつの間にかマネージャーでした(笑)
ピアフに振り回されている様を滑稽に演じながらもどこか真剣さもあり、とても見応えのある演技でした。
彼の出演されたドラマは幾つも観た事がありますが、ドラマ同様に、それ以上に、やっぱり名優だなって思わせる惹き込まれる演技でした。
細部まで素晴らしい演技!!
ピアフをずっと見守り、誰よりも傍にいたバリエが、体がボロボロになっていくピアフの身を案じる姿が切なくて涙がとまりませんでした。
この舞台のもうひとりの主役なんじゃないかなって言っても過言ではないと思いました。



舞台前半に沢山出てくるプロのアコーディオン奏者桑山哲也さん(藤田朋子さんの旦那様なんだよね。とっても素敵な雰囲気の夫婦)の演奏も素敵でした。
アコーディオンって音の響きは勿論、弾いている手元が素敵だなって思います。
セリフの無い役なのですが、オペラグラスで手元に注目してしまいました^^


他にも素晴らしいキャストに彩られた、素晴らしい舞台・・・

凄まじい閃光と影・・・そんなピアフの魂を感じた舞台でした。
スポンサーサイト

theme : 舞台とミュージカル
genre : アイドル・芸能

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。