スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『RENT』観てきました♪

11/06日 夜の回 18:00~
シアタークリエ
ミュージカル『RENT』観てまいりました♪

101106.jpg

20世紀末のアメリカの現実を描いたロック・ミュージカル
プッチーニのオペラ「ラ・ボエーム」を現代化したミュージカルとして、1996年に誕生。

RENTは世紀末に死とエイズに直面しながらも生を謳歌するコミュニティの物語―(ジョナサン・ラーソン)

詳しいストーリ等はコチラ
RENT公式サイト

脚本・作詞・音楽:ジョナサン・ラーソン
(公演初日の幕が開く前日に亡くなられたので、彼の描いたブロードウェイミュージカルはRENT1作のみ)
演出:エリカ・シュミット 

出演:
マーク・コーエン:福士誠治/ロジャー・デイビス:Anis・Ryohei・藤岡正明(トリプルキャスト)/トム・コリンズ:米倉利紀/ミミ・マルケス:Jennifer・ソニン(Wキャスト)/エンジェル・シュナール:中島卓偉・田中ロウマ(Wキャスト)/ジョアンヌ・ジェファーソン:Shiho/モーリーン・ジョンソン:キタキマユ・Miz(Wキャスト)/ベンジャミン・コフィン3世:白川裕二郎/ミスター・ジェファーソン:安崎求/ミセス・コーエン:Eliana/ウェイター他:Junear/アレクシー・ダーリン他:中村桃花/ミセス・ジェファーソン:汐美真帆/ゴードン他:Spi/スティーブ他:戸室政勝


ここから本編の感想なので、ネタバレ致します
(これから観劇予定の方はご注意を

複数キャストの今回キャスティングは
ロジャーが藤岡正明さん、ミミがJenniferさん、エンジェルが中島卓偉さん、モーリーンがキタキマユさんでした。

ニューヨークを舞台に、決して希望を失わない若者たちの愛の物語
その背景にあるものは、貧困、ドラッグ、エイズ・・・・死―
ちょっと暗い舞台を想像していたのですが、とんでもない!

のっけから賑やかでビックリ!!
すっごくノリノリで楽しかったです。

キャストの台詞がメチャ早口だし・・・よく噛まないなぁって感心。さすがプロ。
音楽もR&B、ロックンロール、タンゴ、ヒップホップ・・・とても賑やかで豪華。

舞台の端から端までセットが有り、あちらこちらでキャストが交互に、あるいは一斉に歌いだしたりするものだから、何処を観ていいやらってなる事もしばしばありました。(笑)

全員主役って感じでとても個性的なキャスト陣の演技と歌声がまた素晴らしかった


マーク・コーエン:福士誠治さん
(映像作家志望)

ドラマでは良く観ていた福士さん。
そんな福士さんがミュージカル初挑戦!!
歌われるの??観に行くっきゃない!!と楽しみにしていました。

黒ブチ眼鏡がとってもカッコ良かった。
ちょっと頼りない感じがする、オタクっぽい若者役。
真実と向き合うのを恐れて、明るくふるまってごまかしたり、どこか傍観者だったりするイメージを受けました。

舞台の進行役も務める為、台詞はメッチャ早口で活舌が良い。
この辺は流石の演技人。

ドラマでは真面目系な役ばかり観ていたのですが、舞台には全く違う福士さんが居ました。
福士さんが、ステージ上を駆け回って全身で演技されている姿が新鮮で素敵でした。

もとからお声は好きだったのですが、今回はミュージカル初挑戦!
ドキドキしながら初めて聴いた舞台上での歌声は…良い!!
そんなに癖が無くて、でも軽い感じでも無くて…程良く耳に心地いい声でした。

中盤~ラストでは力強い歌声も聴けて大満足。
自分の居場所に…進む道に…仲間に置いていかれる空虚さに…いらだちに…
沢山の感情を吐き出すように激しく歌うシーンは、身を切られる様な切なさを感じました。
町を出ていこうとするロジャーを攻めながら引きとめるシーンでの、福士さんと藤岡さんの歌の攻防がすっごく迫力でした。(RENTは初見でCDも聴いた事が無いので何ていう曲かは不明。)

ステージの端と端にそれぞれ立ち、二人とも力いっぱい歌われていて、ビリビリ響きます。
力のあまり、福士さんは眼鏡を落とされてしまった程。
振付を上手く繋げてサッと拾われていましたが、暫くは眼鏡無しで力の限り歌われている一生懸命な様子に、胸が熱くなりました。

この舞台で一番感情移入出来たキャラクタは福士さん演じるマークです。
自信はHIVではないけれど、仲間の殆どは感染者…亡くなる仲間もいる。
一緒に夢を追った仲間が離れていく。
自分がどこにどう進んだらいいのか見極められない…流される…漠然した…でも確実に迫ってくる不安。
この日本でマーク程の境遇にいる人はそういないかもしれないけれど、
現代を生きている人ならば多かれ少なかれ感じる事があると思います。私はそう。
マークはそんな心情も歌いあげます。福士さんの演技力もあり、とっても切ない感じに…涙。



ロジャー・デイビス:藤岡正明さん
(ロックバンドの元ボーカル。恋人がエイズを苦に自殺して以来引きこもり)

私が観に行った回は本来ならAnisさんが演じられる筈だったロジャー・・・
Anisさんが声帯を痛めて休演されたため、急遽、藤岡さんが代役に抜擢!!
急遽・・・・って本当ですかぁ~ってビックリ!!
短い稽古期間だったとはとても信じられない程、完成度の高いロジャーでした。

以前、宝塚BOYSの舞台で藤岡さんを拝見した事があるのですが、その時はけっこう地味目な役だった・・・
ただ、なんて歌の上手い方だろうって思って観ていました。
今回のRENTで更にじっくり藤岡さんの歌声を堪能。やっぱり上手い!

ロジャーが好意を寄せるミミが瀕死の状態で発見された時に歌う「Your Eyes」はとても切なくて涙が出ました。
(ミミは奇跡的にその後復活したんだけどね…ホッ)

藤岡さん…私知らなかったのですが、ミュージカル界では歌が上手いって有名な方の様ですね!
私が大好きな歌声の田代万里生さん(動画)と共演された「ブラッド・ブラザーズ」の舞台(動画)を観てみたかったぁ~!
私がミュージカルの世界に興味を持つちょっと前の公演だったので惜しかったぁ~(>_<)

ロジャーはRENTの中でも特に魅力的な歌を沢山歌うキャラクタ…Anisさんバージョンも観たかったなぁ。
(10/16~Anisさん復活されるとの事)



ミミ・マルケス:Jennifer
(ドラッグ中毒のSMダンサー)

ジェニファーさんメチャセクシ~
彼女が舞台に現れると、一気にそこはニューヨークって雰囲気に…

登場シーンの「つけてよ~♪キャ~ンドォ~ル~♪」(タイトル分かりませんが)
ミミの歌の中では、そのシーンが、とても好きなんだけど、ドラッグに使う火を貰おうとロジャーにせがむシーンなので、ちょっと観ていて悲しさを覚えました。

ロジャーとミミのシーンは、内に秘めた苦悩をお互いに明かす事が出来ず、どうにか良い方向に持っていこうと努力するのにすれ違う、そんな危うい緊迫感にドキドキしました。

ミミはSMダンサーということもあり、際どい衣装ばかりで目を奪われます!
あんな衣装を着こなすなんて凄し!
後半に登場する衣装がいちばん印象に残っていて、金の細かいチェーンで体を覆った様なドレス。
歩く度に“ジャラジャラ”と音がして…なんじゃあの衣装は~普通ないだろう…とツッコミを入れたくなりました(笑)
ジェニファーさんのダンスシーンはとっても大胆で挑発的でセクシーなんだけど・・・内に抱える苦悩、恐怖、焦り、孤独感がビシビシ伝わってきて凄みを感じ…目が離せなかった。



エンジェル・シュナール:中島卓偉さん
(ストリートドラマー)
       ×

トム・コリンズ:米倉利紀さん

マークたちの親友コリンズが暴漢に襲われ、それをエンジェルが助け起こすシーンで初めて二人は出逢うのですが、共にHIVに感線している二人はあっという間に惹かれあって良い雰囲気に(ちなみに二人ともメンズ)。
このシーンは観ていて、ちょっと照れちゃいました^^

中島卓偉さん演じるエンジェルが兎に角可愛かった。

2回目の登場シーンでいきなりサンタのコスプレで登場したときは正直ギョっとしました!
アイドルがバラエティで着そうなイメージの白いファーがいっぱい付いた赤い服で、しかもミニスカートに赤の網タイツ!!
その姿でノリノリに歌い始める・・・RENTの公開前プレイベントで観た卓偉さんとあまりに違くて唖然・・・
ただ見慣れてしまえば、どんどん可愛く観えてくるのです。
コリンズと一緒の時は特に可愛い。
幸せラブなオーラ全開でキスシーンも沢山あったのですが、それがまた可愛くて。
ちなみに卓偉さんの「明日への階段」が大好き!CD買っちゃったもの♪

米倉さん演じるコリンズは、マーク達と一緒にはしゃいではいるけれども、どこか大人な雰囲気。
とっても包容力のある歌声が素敵でした。
特にエンジェルに向けての歌は優しさに溢れていて、うっとりポーっとしてしまいました。
舞台で生歌を聴くまでは正直そんなに注目していなかったのですが(失礼)、米倉さんの歌声はかなりツボりました(笑)
それに舞台でのあの大人な優しい雰囲気は、エンジェルの様に包まれたいーって思ってしまうほど素敵。
普段はアーティストとして活躍されている米倉さん・・・またミュージカルな舞台で観てみたいな。

そんな2人に不幸が・・・
エンジェルがコリンズを置いて先に亡くなってしまうシーンは涙なしでは観られませんでした。
元気いっぱいで可愛い服を着て、オリジナリティに溢れていた優しいエンジェルが、ラストではやつれた姿で白一色の衣装に身を包みベッドの上に立って、今にも倒れそうになりながら歌う…そして光の中へ消えていく後ろ姿…涙で滲んで観えません。
この舞台の中で大きな意味を持つシーン。
皆が順番に亡きエンジェルに向けて言うメッセージを聴きながら更に号泣。

コリンズとエンジェルは「RENT」の中で一番好きなカップル。観ているとほっこり幸せな気分になりました



ベンジャミン・コフィン3世:白川裕二郎
(マークとロジャーの元ルームメイトで、今は家賃を取り立てる大家さん)

白川さんは、RENTの公開前プレイベントで初めて観た時、なんてカッコイイって思った方。
スタイル抜群の長身で、どの角度からもパーフェクト!
そんでもって「純烈」というコーラスグループでも活躍中。
ムード歌謡曲を歌うグループ。
ムード歌謡曲…結構好きです^^
白川さんの声はとっても色っぽいのです。
コチラで聴けます(センターが白川さん)。
ダンスが結構笑えますが、観ている内に癖になる感じ♪
涙の銀座線
上川さん主演の大河ドラマ「功名が辻」にも出演されていた様ですが、残念ながらそちらの記憶は無い・・。

流石にRENTの舞台上ではムード歌謡な歌い方(笑)では無いのですが、やっぱり声は良い!
ただ、家賃をとりたてる大家さん役なので、結構いけずな役どころではありました(汗)
あと、もう少しソロで歌うシーンが観たかったです。

帰りにシアタークリエの入り口付近でメールを打っていると、サァ~っと白川さんが通り過ぎられた・・・!!!
もしや・・・とみるも既に後ろ姿・・・後ろ姿も完璧で、すぐに白川さんだと分かったものの・・・後ろから追いかけていったら怖いじゃないですかぁ・・・あきらめました(涙)
偶然通り道にいた人らは、白川さんだって気が付いていなくても、ただならぬオーラなイケメンぶりにサインを貰っていた。
あとで、「今の誰~っ?スッゴイカッコイイ人~」と騒いでいるのを聞き、「あれは白川さんよ~!大家さん役よ~」と混ざりたくなるも…年若い子らだったので、怖がられるといけないから自粛(笑)。



モーリーン・ジョンソン:キタキマユ
(パフォーマンスアーティスト)
キタキマユさんはビューティホーなお姉さんといったイメージだったのに、ビックリしました。
全く違う・・・(いや、本人はお綺麗ですが…役が…)
江頭2:50さんの様なスパッツを履いている・・・
超痩せていた!!
へんなパフォーマンスと衣装で笑わせる・・・
ちょっとキレた個性的すぎる位、独特な役。
舞台で半分お尻を出しちゃってる(笑)のを観た時は、完全にキレイなお姉さんイメージが吹っ飛びました。
キタキマユさん・・・チャレンジャーだね!

キタキさんは駅の改札でみかけました。
ファンの子ら数人にバイバイって感じで手を振られて、ホームへ降りていかれました。
その姿はやっぱりビューティホーなお姉さん。



他にも素敵なキャストが沢山。
共通していえるのは、とにかくパワフルでした!

カーテンコールでは、キャスト陣が横一列に並んで大合唱!
観客スタオベで手拍子を打ちながらノリノリでした。
福士さん・・・ちょっと目が赤い・・・泣いてらしたのかしら。

躍動感あふれる楽しい舞台ながらも、その歌には様々な社会問題に対するメッセージが込められていました。

演出家のエリカ・シュミットさんは、プログラムの中でこう言われています。

「この作品のテーマは決して希望を失わないこと…この舞台をご覧になる皆さん、どうか人々の苦悩を忘れないで下さい。エイズで亡くなった人々を忘れないで下さい。自分たちの声を聞いてほしいと闘っているアーティストを忘れないで下さい。ホームレスの人々を忘れないで下さい。そしてどうかジョナサン・ラーソンを忘れないでください。」と。

今、平和にこの舞台を観劇できる幸せを実感させられました。


<舞台映像>


<藤岡さん初日カーテンコール>

追記:
Time Out TOKYO WEB 記事
ミュージカル『RENT』の仕掛人
ドラマターグ小嶋麻倫子が手がける『RENT』と、シアタークリエが目指すもの

theme : 舞台とミュージカル
genre : アイドル・芸能

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『RENT』@2度目

どうにもこうにも我慢ができなくて、、、 ついポチっとしてしまった昨晩。(笑) 藤岡ロジャー目当てで、行ってきましたー! 「RENT」 あぁ~、やっぱり藤岡ロジャー、、、良かった! 前回観た時は...

comment

Secret

長文お疲れさまです!

米倉コリンズをお褒め頂き誠にありがとうございます♪(関係者かw)正直ファンでない方からの良かったよ~♪はめちゃめちゃ嬉しいです!偏った気持ちでない分、純粋に観て感じてもらえたことだからです。一昨年の初演も沢山の『RENT』ファンから米倉コリンズは良かったと褒めてもらえてかなりテンションが上がりました。ミュージシャンとしての米倉利紀のファンになって早10年。歌一本で頑張って来た彼が初めてお芝居(ミュージカルも含め)をやりたいと目覚めさせた舞台がこの『RENT』です。だから彼にもファンにも物凄く思い入れの深い舞台なんですよね。実際の米倉はライブで結構裏表なくモノを言う人なのでコリンズとはずい分違います(笑)。でもその彼が演じるコリンズだからこそ、あそこまで深い愛情でエンジェルを包み込めるんだなと思いました。スミマセン長々と(笑)。私も月末に2回観に行きます。未來くんとはまた違うマークも楽しみです♪

>ゆみ彦さんへ

こんな長文…しかも読みにくかったでしょ(汗)にお付き合い頂き有難うございます。
そうか!ゆみ彦さんは米倉さんの筋金入り大ファンなのね^^
そんな方に喜んでもらえて嬉しいです。
そう!偏ったりしないで心から純粋な感想ですよ!
米倉さんの歌声は本当に愛情に溢れていて、ファンでも無かったのについ目で追ってしまいました。
とても魅力的だったので、是非再演で観てみたいです。
ゆみ彦さんは後2回観れるのですね!
いいなぁ。私も、お金とスケジュールに余裕があったら、もう一回観たかったよ。

遅ればせながら

やっと感想が書けたのでコメントを。

なんやかんやで2006年から年に一度は観ているRENTですが、
今年のRENT(しかも日本人キャストに)、こんなにもハマるとは思ってませんでした。
藤岡ロジャーが短期間で代役を見事に演じていたのも凄い事なんですが、
福士マークが私の中のマークのイメージにピッタリだったのが、嬉しい誤算でした。(笑)

米倉コリンズの歌声は、本当に素敵ですよねえ。
もぉ~、目も耳もメロメロです。(笑)

同じ日に、同じ会場で、一緒に時を過ごしていたとは、本当に偶然でしたね。
感動を共有できて嬉しいです。
また同じ作品で感動を共有させてくださいね♪

>麗さんへ

コメントありがとうございます^^
感想読んできました♪♪
麗さんは、以前のRENTもご覧になっているのですね。私は、今回のRENTが初めてだったのですが嵌りました!
この舞台にはとても熱心なファンがついていると存じていたのですが、その理由がよくわかりました。
観ていてとってもワクワクするし、とても感動的な舞台です。
あと、お客さんがノリノリになる舞台(笑)…キタキさんの場面は確かにノリが無くシーンでしたね。
アレはかなり難易度の高い!歌もノリノリしにくい歌。
演じる方も麗さんの言うとおり難しい役だったでしょうねぇ。

麗さんの言う様に、福士さんはとてもマーク役に合っていた様に思います。
一見の私が言うのもなんですが、黒ブチ眼鏡のちょっと頼り無い感じが、等身大の悩める若者って感じで。
物語が進み、段々成長していくと共に歌声も深く重く響いてきました。いや~カッコイイ。

米倉さんのコリンズ。
卓偉さんのエンジェル。
この舞台の中で一番大好きなカップルです。
エンジェルめちゃめちゃ可愛いですよね。
そして、米倉さんの歌声は本当に優しくて良いですね。
私もメロメロでした。あの歌声には恋しちゃいますね^^

お互いお会いできませんでしたが、同じ日の同じ回の観劇だったとは嬉しいです。
再演されたら、また是非観に行きましょー!

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。