スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ボニー&クライド』観てきました。

2012年初ミュージカル観劇は

青山劇場
『ボニー&クライド』

120115.jpg


有名なアメリカの映画「俺たちに明日はない」のボニーとクライドの物語。
世間が釘付けになったギャングのカップルの物語。

公式サイト
http://www.bonikura.com/introduction/


作 : アイヴァン・メンチェル
作曲 : フランク・ワイルドホーン
作詞 : ドン・ブラック
上演台本・演出 : 田尾下 哲
キャスト :
ボニー: 濱田めぐみ/クライド: 田代万里生/バック(クライドの兄): 岡田浩暉 /ブランチ(バックの妻): 白羽ゆり /テッド(ボニーの幼馴染の保安官): 藤岡正明・中河内雅貴(ダブルキャスト)/ヘンリー(クライド父): 中山昇 /シモンズ刑務所長: 芝崎健太 /クロウソン看守: 戸室政勝/ジョンソン保安官代理: ヨウスケ・クロフォード /ファーガソン州知事: 徳垣友子 /アンジェラ: 家塚敦子 /クレア: 保科由里子/エレノア: 宇野まり絵/キャミー(クライド母): 明星真由美/ヘイマー特別捜査官: 岸祐二/牧師: つのだ☆ひろ/バド保安官代理: 戸井勝海 /エマ(ボニー母): 池田有希子/シュミット保安官: 木場勝己


主演の田代万里生さんは、私が大好きな歌のグループのお1人ですが、タイトルロールの役を演じられるのは今回が初めての作品。
ギャングのクライドがカッコイイ~!!
兎に角カッコ良かったです。
今までで一番私好みかも。
ニヒルなクライドの所作にクラクラ~っとしました^^
クライドとしての歌い方もスッゴク素敵で・・・歌が上手いのは言うまでもありません。
・・・万里生くんが段々ハードな役をこなしていく。
全てでは無いですが、彼の作品を幾つか観て、観る毎に演技に厚みがどんどん増している様に感じて、素人の私でも気が付く位、その変化というか成長というか・・・驚きます。若さか!?(笑)
いえいえ、きっと役に向き合う努力と、人一倍の頭の回転の速さがそうさせるのね~!なんて勝手に思いながら、舞台を観に行く度に新しい彼と出会い、その変化を楽しめる事が幸せで嬉しいです。


前半は展開が早くてテンポよく派手な感じで見応えあり!
後半は進むにつれシリアスな部分や重いシーンが多くて演技をより楽しめました。
エンターティメント性抜群だけど軽すぎず、しっかりしたストーリーのあるミュージカルでした。

しかも・・・歌がずばぬけて上手い方しか出てこない!!
ミュージカルを観に行くと大抵、あれ?この人の歌はちょっと・・・なんて素人ながら感じる事があるのだけれど(個人的な好みによったり)、この舞台はひとりもいなかったどころか、みんなすごくすごく上手い!!
楽曲も全て良い!!こんなに揃った舞台珍しいかも。どの曲も聴き惚れてしまいました。
ボニー役の濱田めぐみさんは、劇団四季で幾つもの代表的な演目でヒロインを演じられた女優さん。
退団後初の舞台がボニクラです。美しくてパワフルな歌声です。
元宝塚の白羽ゆりさんの、とっても綺麗で大人っぽくしっとりした優しく切ない歌声にも聴き惚れました。
ボニーに想いを寄せるテッド役の藤岡正明さんは「RENT」の時も上手いなぁって思いましたが、今回は更に上手いなぁって思いました。
万里生くんと藤岡さんが舞台の左右に立ち、客席を真正面に歌いかけるようなシーンがすごく素晴らしかったです。
ギャングの保安官・・・追われるものと追うもの・・・恋敵・・・相いれない関係性・・・
重なり合った歌声がパワフルで・・・そして切ない。


演出も面白かったです。
驚いたのが“車”・・・何度も本物の車が登場します!
本物の車があるだけでも驚きなのに、スルーって狭い舞台を器用に実際に運転する万里生くんに更に驚きでした。
拳銃やマシンガン?かしら、銃器も沢山出てくるし・・・
これって、男の方が観てもかなり楽しめるミュージカルですね^^きっと♪

保安官役で木場さんが出演されているのですが・・・
ちょっと保安官が語るシーンは蜷川さんの舞台を観ているかと錯覚してしまいました(笑)
先入観かしら(苦笑)
後半のクライドと保安官の対峙シーンは緊迫した空気が流れ、台詞ひとつひとつが考え深かったです。


クライドとボニーの最期のシーンが今でも目に焼き付いて離れません。
一発撃たれた後、車の中で前を向いて立ち上がるクライド・・・
クライドに後ろからシッカリしがみつく濱田さんの表情から目を離せませんでした。
クライドを守る様にしがみついていたのでしょうか?置いて行かれない様にでしょうか?
私は後者に感じました。
そして二人に降り注ぐ銃弾・・・壮絶なラストでした。

クライドが目指した生き方は何だったのだろう・・・名を残す事にとても固執している様に感じましたが、その奥にある想いは・・・
ボニーは何故クライドについて行ったのでしょうか?
実在したギャングです。
人を殺めてもいます。
良いわけないけれど、当時は人気のあったアンチヒーロー・・・時代の背景によってでしょうか?
観る人によって色々な捉え方があるだろうなぁと感じました。


また少し時間が経ってから観たいミュージカルなので、再演してくれたら嬉しいな♪

theme : 舞台とミュージカル
genre : アイドル・芸能

comment

Secret

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。