スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『陽だまりの樹』~♪

追記しました^^

4/13(金)夜

舞台『陽だまりの樹』を観てきました。

120413.jpg

キャスト:
上川 隆也、吉川晃司
岡本 健一、高野 志穂、花影アリス/石倉 三郎
瀬下 尚人 、岡森 諦、小林 十市 、斉藤 レイ 、伊藤 高史 、 長谷川純、
加藤照男、 本郷 弦、大村 美樹 、小野 健太郎 、田実 陽子 、
湯田昌次 、鈴木健介 、木村優希 、岸本康太  ほか

幕末 ―
蘭方医・手塚良庵と武士・伊武谷万ニ郎の友情と絆にそれぞれの信念、幕末の動乱をからめて描かれた手塚治虫原作の漫画がもとになった舞台です。


上川さん(手塚良庵)と吉川さん(伊武谷万ニ郎)のW主演って割には前半ちょっと吉川さんにスポット当たり過ぎじゃない!・・・
なんて、ファンの欲目から観た不満もありますが、久しぶりの生☆上川さん!
しかも2列目なんて良席で観られたので、とっても満足です^^
若干セットのハリボテ感や人が支えてるのバレバレ感な襖の動きが気になりましたが・・・まぁ近すぎたゆえでしょうか。
上川さんの今回の役はちょっとお調子者の様なお茶目におどけたりな感じの多い役ですが、要所要所ではシッカリ表情や声のトーンで魅せてきます!
流石上川さんです^^
殺陣がなかったのが、ちと残念ですが。
だって吉川さんや他キャストが殺陣を披露しているのを観ると、あぁ上川さんも交じって欲しい!なんて思ってしまうのです・・・特に岡健さんとの殺陣が観たかった・・・でも医者が殺陣はしませんよねぇ(笑)
吉川さんの舞台は初でしたが、万ニ郎の役と、吉川さんのイメージはとてもピッタシだったように感じました。
ラストシーンの桜は圧巻で感動を更に煽り、その中で上川さんの演技が光り・・・あのシーンは切り取ってずっととっておきたいように素晴らしく思えました。

・・・ちょっと明日の予定もあるので感想はここまで、また後日にココに追記するか・・・しないか(笑)

ってことにしておいて・・・

今日お会いしたファン友さんからドラマ情報教えて頂きました。
最近情報の疎さに磨きがかかってしまいつつある梅子です。。
教えて下さる方がいるってありがたや~☆

『私立バカレア高校』
http://www.ntv.co.jp/bakaleya/index.html
毎週土曜日24:50~
初回4/14(土)のみ25:20~25:50
理事長役だそうです。


はぁ・・・舞台は楽しかったのですが、今日は帰りに駅を4つ程乗り過ごしてしまったら、なんと次の上り電車は35分後の終電1本だったという脱力~な展開に、ひとりホームで時間をつぶし寒さに震えながらパンフの対談を読んでニヤケたり・・・
とちょっと疲れた帰り路でした。

そんな金曜の夜・・・おやすみなさい☆彡


◇◆◇
・・・そして日曜夜に追記~

話は幕末という事で各々が秘めた信念によって選ぶ道がまったく別方向になる時代です。

おかしいと心のどこかで憤りながらも、幕府を、上様を守る!
己の信念が曲げられず不器用に生きるしかない武士の万ニ郎がまさにそう。
そんな不器用さや、自分が本当に思っている事を言葉少なに語る万ニ郎に、吉川さんはホントピッタシでした。
台詞を噛んだりたまにされていましたが、それすら、キャラに合っていた様に思います。

新たなに迎える時代を想い、そのために信念をつらぬく、新しい一歩を踏み出す!
良庵の選ぶ道。
上川さん演じる良庵は、愉快に明るく豪快な部分と輝くように強い信念や、傷つきやすい脆さや、情や・・・
バラエティ豊かな役でした。
それぞれの場面を見事に演じられるのを間近で観て、やっぱり上川さん良い~って思いました。
愉快な部分で爆笑だったのが、良庵の父役の石倉三郎さんとのやりとり(笑)
良庵は女に目が無いスケベ(笑)な面があるけど、父も同じで、二人して芸者遊びしたり、どこぞの女が良い女ってな具合に盛り上がっている姿がなんだか微笑ましくて、上川さんも石倉さんもなんだか可愛かったです。
上川さんなんて、好きな女が他の男性に想いを寄せているのを知って、落ち込んでダダッ子みたいで・・・会場爆笑でした。
でもそんな場面ばかりでなく、真面目で凛々しい上川さんも観たい!!って思うのですが、そんなシーンも勿論ありました。
特に、幕府の実態に憤ったり、万二郎の頑な信念が不幸へ繋がると心配して苦悩する姿や・・・熱く凛々しい上川さんの演技も堪能しました!

幕府内の腐ったお役人集団もなかなかの見もので・・・まぁわかりやすい悪どさ!
大老・井伊直弼を中心に、わっかりやすい悪人3人組(笑)
場面場面にちょこちょこ登場して、照明効果もあいまって腐敗した幕府の象徴的な部分を一手にひきうけていました。
その3人がいるから、万二郎が飲みこまれて行く悲しい宿命が際立ちました。

他にも舞台の楽しみとして、
蘭方と漢方の闘い!
漢方側のドン、多紀誠斉役の岡森諦さん・・・THE悪代官って感じのキャラで、もうふてぶてしい事この上ない!
まるでアニメのキャラの様に個性的でむしろそのキャラが楽しかったです。
・・・まぁ上川さん演じる良庵の敵側ですからイラってしましたけど。
そして、蘭方禁止令によって助けられる命が助からなかったシーンには胸が痛みました。
そういう時代も事実合ったのだと思うと感慨深いシーンでした。
それに傷つき嘆く良庵の、上川さんの演技に涙が滲みました。
・・・そしてドラマ“仁”とちょっと重なりました(笑)

あと、アメリカと日本の交渉役ヒュースケンとその警護役のやりとりがなんともドタバタコントみたいで好きでした。
ヒュースケン役の伊藤高史さんは・・・背は高いですが勿論日本人です(笑)
(伊藤さんって昔、チューヤンと一緒に電波少年で旅されていた人なんですね!パンフ読んではじめて気付いた(驚)ずっと観てたのに気付かなかった。)
金髪のカツラを被って、その姿での登場が既にちょっと可笑しかったのですが、「女プリーズ」って必至で訴える姿にも(笑)
さらに警護役の2人と通訳の1人を入れた4人のシーンが爆笑でした。
通訳そっちのけで、興奮するヒュースケンを英語で説得し場をおさめてしまう警護役の2人が可笑しくて^^
「でらでら、そうだら」なんて変な訛りを連発していたのに、急に流暢に英語を話して通訳唖然・・・悔しい(笑)

それから蘭方門下生っていうのかなぁ。良庵と良仙とともに蘭方の療養所で働く2人も面白かったです。
良庵と良仙をもっと真面目にとたしなめながらも芸者遊びに嵌ったり、良庵と良仙のボケに対してのツッコミみたいな始めだったのですが、最後はみんなでドンチャンみたいな^^
それにまさか最後に2人の過去の関係生が明らかになるとは(爆笑)

殺陣がカッコ良かったのはやっぱり岡本健一さんかなぁ。上川さんの殺陣が無かったのは残念でしたが、岡健さんが観られて良かった^^
・・・岡健さんは笑いどころの1つも無い、破滅へと向かって行く哀れで苦しい役でした。
観ていて悲しかったです。

観はじめたばかりは、舞台の雰囲気にちょっと素人くささを感じたのですが、観終わる頃には個性的な各キャラを楽しんでいました。

ラストの桜吹雪のシーンで、口に花びらが入りながらも迫力の演技!!
上川さんに惚れ惚れして観終わりました。

やっぱり生の演技は、舞台は生き生きしていて輝いていて、良いですね^^

次の舞台は何かしら♪

120407.jpg
これは家から見た陽だまりの樹・・・なんてね^^

◇◆◇

ドラマは
テレ朝
4月21日 よる9:30~11:21
「ミステリー作家六波羅一輝の推理(2)京都・陰陽師の殺人」
~洋館に響く悲鳴!呪いで人は殺せるか!?
推理オタクが挑む!華麗な一族 千年の秘密!!~
ですね^^

(1)の再放送も。
ミステリー作家 六波羅一輝の推理1
2012年4月20日(金) 14時04分~15時57分

theme : 上川隆也
genre : アイドル・芸能

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

梅子さん、感想ありがとうございますー。
今回チケット取りそびれたv-388ので、梅子さんだけが便りでした。
時期的にも時代背景的にも、桜の演出はあるに違いないと思ってましたが…やはりそうでしたか(笑)。
DVD出るみたいですね。
暫く迷ってみようかと思います。

>非表示コメ☆Cさんへ

わぁたくさんのコメントありがとうございます!
そして体調の心配までありがとうございました。
殺陣は、私も別の機会があると妄想して我慢しておきます(笑)
岡健さんの侍姿は凛々しくもありますが、パリって感じで無く、時代に取り残され破滅へと向かってしまう役なので哀れでもありました。
石倉さんとの親子なやり取りは、もう楽しくて楽しくて大爆笑でしたよ!
石倉さん良い味だしてます。
アリスさんの芸者すがたはそりゃ美しかったですよー。舞も美!
桜吹雪は今回は客席には舞ませんでした。
その男の時はホントに凄かったですものね(笑)


>静夏さんへ

静夏さーん^^コメントありがとう。
チケットとりそびれましたか。私のブログでは余り伝わらないと思いますが、そう言われちゃあと(笑)追記してみましたよ。
桜の読みはドンピシャでしたね^^
桜吹雪の量が半端なくて、キャストの頭に降り積もってましたよ。
綺麗でちょっと悲しいクライマックスでした。

>非表示☆拍手コメM子さんへ

わわわ夜行バスでお帰りでしたか!遠征お疲れさまでした。
ラストすごかったですよね^^
まだ目に焼き付いています。
上川さん本当に素敵でしたねー!
次の舞台何になるか楽しみですね♪

>拍手コメ☆ふうさまへ

ふうさま~^^
拍手&コメントありがとうございました。
私も今日の昼休みに、ふうさまのブログ読みましたよ!!
舞台がよみがえってきました♪♪
吉川さん殺陣で草履がぬげたんですか!?
・・・ふふ。それもまた舞台のみどころですよね^^

>拍手コメ☆リリイさまへ

リリイさまへ
拍手&コメントありがとうございました。
18、19にご観劇されるのですね!
連日なんてうらやましいわ^^
楽しんで来て下さい!

17日昼公演に行ってきました!

梅子さま

いつも楽しくブログ拝見しています。
私も先日観に行ってきました。1回目です!

最初の10分くらいは何となく違和感があったのですが・・・
時間が経つにつれどんどん惹きこまれていきました。
休演明けで役者さんたちも緊張されていたのかも。

上川さん、結構仕掛けてました(笑)
吉川さんは何度も笑いをこらえておられました・・・。
ヒュースケンに医学書の翻訳を頼む為に万治郎を説得するシーン。勢いよく医学書をバタン!と閉じたらものすごいホコリ(粉)が・・・客席まで充満(笑)
吉川さん、ツボったらしく思わず笑ってしまって、少しの間芝居が中断w

万治郎:「・・・(笑いをこらえている)」
良庵:「なんだい?具合でも悪いのかい?」
万治郎:「・・・細かいことをするのう・・・」

カーテンコール3回、最後はスタンディングオベーションでしたよ!
毎日違うのでしょうね!もう一度行く予定なのでどうかわるか楽しみです!

>yoyoさまへ

yoyoさま、コメントありがとうございます!
昨日観に行かれたのですね^^
私の時も医学書をバタンと勢いよく閉じたらモクモク埃が舞うシーンがありました。
吉川さんは冷静に観えましたが、内心笑い転げていたのかも(笑)
一回一回反応が違うのも舞台ですね^^
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。