スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『正義の人びと』観てきました。

8/16(木)夜。
千歳船橋駅からほど近い小劇場「APOCシアター」へ行ってきました。

先日まで仲良き同僚だった方の出演舞台です。
同じプロジェクトにいた仲間と観に行きました。

APOCシアターは、こじんまりとた、ちょっとお洒落で不思議空間的なカフェが併設されている劇場です。
小劇場って結構ボロ…いや失礼、…んなイメージでしたが、下北みたいにギュウギュウに建物がひしめいていなくて、高架下沿いの一角でポツンと異彩を放つ存在感ある劇場でした。
椅子はやっぱりパイプ椅子、隣とピッタシで息苦しく、下部分とか、前の方が丸かぶり部分は大変観づらいですが、それも味です。
舞台との距離ほぼゼロで、お芝居の空気にとりこまれる感じは小劇ならではで好きです。
特に精神世界や心理的に訴えてくる舞台にはピッタリ。

120816 (2)

お目当ての舞台は
オフィス再生
『正義の人びと~神の裁きと訣別するための残酷劇~』

原作:アルベール・カミュ

・・・汗。

ハイ!
難しそうなタイトルですねー!
アルベール・カミュの作品は「異邦人」や「カリギュラ」位しか知りません。
知ってるっていってもタイトルきいた事がある位です。
「カリギュラ」は蜷川演出でおぐしゅん主演舞台があったような・・・って感じでまるっきり知りません。

一応ネットで下調べし、まだ同じ職場にいた頃、稽古が大変そうだなぁって思いつつ聞いた彼女の話しも参考に頭に入れて観に行きました。

正直、直立不動で順番に思想や時の流れのあらましを語りつくすような舞台だったら退屈して寝てしまうわ~どうしよう。って思っていたのですが、全く眠気なんて起きない舞台で、正直知りあいが出ているっていうの抜きに、かなり楽しめました。

以前、そんな舞台があって、客席ほぼ寝てるじゃんって…大きな舞台で超有名な人沢山でている舞台だったんですよ!
・・・正直その舞台の事はブログにも書けない位退屈に感じて、高いチケット代にかなり後悔しました。
お客の事を全く考えていない演出家が自分の芸術作品を創り上げたいっていう自己満足オンリーの舞台としか言いようの無い舞台。
後にも先にも、あんな退屈な舞台はきっともう無い!(と、あくまで個人的に感じたのですが、評判を読むと大概みんな眠いって書いてありました)

って少し脱線しましたが、こちらは退屈ゼロ!

テロリズムや革命や・・・私には正直語る程の知識はないので、そういう奥深いところについて感じた話はしませんが、舞台について楽しかったです。

意外だった点は、随分若い役者さん・・・というか若者の劇団だなぁって思いました。
今まで観たのは結構中高年層が多い劇団だったからかしら?

登場人物は主に革命家たちです。
お目当ての方も革命家の1人。なかなかの存在感と、青い衣装に身を包み、萩尾望都のSF漫画にでてきそうな凛々しさで、心の中で「おおっΣ( ̄□ ̄)」って目を見張っていました。
・・・あっ。青年役でしたが、同僚っちは女の子ですよ。
あまり凝視しちゃいけないかもって思いながら、始めの方結構凝視してたかも、変な気配を感じていたらごめんねー(苦笑)
衣装もそれぞれとても凝って映えていましたが、革命家達の血に濡れた様な赤く染めた手が時折照明に浮かび上がるのが何より印象的でした。

外国の革命の話なのになぜか、日本のサムライと妻一組。
別空間で動きます。
狭い舞台上で、ときたま交差するように革命家達とすれ違う感じが素敵でした。

このサムライカップル…有刺鉄線が張り巡らされた屏風大のパネル越しに演技をしている事が多かったのですが、黒い布で目隠しをしたり、行燈の明かり位な薄暗さの中、有刺鉄線越しの二人がなんとも雰囲気があり、芸術的なエロティシズムってこういう感じ?とかちょっと思っちゃいました。
なんか直視できない感じ(///▽///)
メンズの方はちょっとサムライゲームやアニメキャラに出てきそうな、やけに男前さんでした。
つけまとかコスプレっぽい。

舞台音楽が全部私が好き系な音楽だったので、冒頭からテンションあがっていました^^
あとで聞いたら「攻殻機動隊」の曲や森田童子の曲。
私が良いなぁって感じたってことは、攻殻機動隊は菅野よう子サン作曲だったかも。
もう大分昔に観たので、記憶が薄いですが。

森田さんの音楽の時は、主にサムライさんサイド活躍。
レトロな時代感とほの悲しさが漂い、なんとなくなんですが、新撰組や竜馬の幕末時代を思い出しました。華々しくスポットがあたった人々は置いといて、陽の当らないところでも思想を語り合い、沢山のドラマがあっただろうなぁって。。

私が舞台を観に良く中での楽しみの1つ。照明!!
この舞台のライティングはかなり凝っていて面白かったです。

出演者自身によるペンライトの演出が一番印象的でした。
1人1人が自身を照らしたり、個人を照らしたり、客席を照らしたり・・・。
暗闇の中のろうそくの炎も素敵でした。

天から降り注ぐ光に照らされ、革命グループの中でも特に孤立する程理想高い青年が1人台詞を言うシーンがありました。

こう言ったらなんですが、クライマックス的なシーンでもなんでもありません。
まわりでは他にも動いているキャストが沢山いたのですが、そのシーンがすごく印象的で、観ている内に涙が出そうになったのです。
この気持ちは言葉には全く出来ないけど、感動していました。

じわっと来たシーンがもう一つ。
ラスト近く、雪が降ってくるシーンです。
降りしきる紙吹雪の中、上を仰いだ革命家の顔に僅かな笑みと安らぎの表情が…ハッとしました。
今まで笑顔なんて無く、苦悩と憤りに溢れた表情が昇華されていくようにふっと和らいで・・・。
その表情を観た時、正義とは?・・・人びとと大きく括られはしているけど、1人1人が革命行動の是非を問い苦しんだ事や色々な事が胸に押し寄せ、感動的なシーンでした。

しかし、そこから予想だにしない事が・・・

客席にも大量の紙吹雪が降り始めたのです、どんどん、どんどん降る紙吹雪。
前列のお客さんの頭にこんもり。
集中豪雨の様に降りしきっても微動だにしないお客さん。
大爆笑しだす男性・・・・
その境遇の中に私もいると思うと、もう耐えられなくて笑いそうでした。

120816 (3)
<舞台後にスカートを見るとこんもり紙吹雪が・・・カバンの中も服も髪も紙だらけ(笑)>

舞台ではまさにクライマックスで見せ場といえるような演技にはいっています!
感動的な筈なのですが、もう紙吹雪で頭がいっぱいで、息吸うと鼻や顔にくっつくし・・・紙吹雪の中演じる舞台俳優さんの気持ちがほんのちょっとわかりました(苦笑)

そんな状態にあわわしていると、いつの間にかサムライさんは切腹シーンにはいっているし(笑)
目を疑ったのが、有刺鉄線巻き付きパネルを倒して、その上に正座をしたんです!!
えぇ!その有刺鉄線って、ろうそく突き刺ささる位の強度あったよねぇ~??
そういえばこの人、舞台中盤でろうそくの炎を素手で握りつぶして一個一個消してたなぁ・・・
そして今度はトゲトゲの上に正座!?・・・ビックリ人間かΣ( ̄□ ̄;)
って思ったら、また可笑しくなってきて・・・集中できん!

この舞台。
正義の本質を問うようなシリアスで奥深いテーマの、笑いどころなんて何一つ無いストーリーの舞台だったのですが、何故か観終わった後、大爆笑してご一緒した方と盛り上がりながら帰途に着きました。

不思議な舞台でした。

ちょっぴりハラハラして観はじめたけど、そんな心配は無用だった、元同情っちの頑張りに拍手^^な夜でした。

theme : 舞台とミュージカル
genre : アイドル・芸能

comment

Secret

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。