スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団☆新感線『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』観てきました♪

昨日3/20(土)に、待ちに待った観劇日がやってきました。

赤坂ACTシアターにて公演中の、劇団☆新感線のロックミュージカル
『薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive』

☆舞台概要☆
七つの海を股にかける日本の大盗賊が、つむじ風のように地中海を駆け抜ける美貌の女海賊と出会った! ときは十七世紀のなかば、ところはヨーロッパのイベリア半島にあるというコルドニア王国。その領海で暴れまわっている石川五右衛門は、同じくその界隈を荒らしている黒い眼帯も麗々しいアンヌ・ザ・トルネードと戦友になり、彼女の船で用心棒をつとめている。
しかし、とある港町でアンヌは王国の兵士に捕らえられてしまう。城に連れて行かれた彼女は、眼帯の下の瞳に隠されていた自らの出生の秘密を知ることになり--。
いつのまにやら新王女として擁立されてしまうアンヌと、五右衛門や海賊仲間の運命やいかに? 絢爛豪華に物語がドライブしまくる、痛快娯楽音楽活劇。天海祐希と古田新太の主演を得た、劇団☆新感線30周年記念作品。
(アマゾンより抜粋)


100320_16.jpg
とりあえず劇場前に行ってみますが、まだ開場はしていない時間。
開場待ちの方はそんなに見えなかったのですが、当日券を求める方の列は出来ていました。
当日は良いお天気です。
青い空に劇場と薔薇サムの大きなタペストリーが映えています。

ちょっと早めに赤坂に来たので、周辺をウロウロ
その様子はコチラ→『薔薇とサムライ』観劇☆番外編

そんなこんなで開場時間が近づき、再度劇場前に向かいました。
ちょっとその辺に座ってパンを食べようかなぁって思っていたら、

「開場します」

という声が。

12:00開場かと思っていたのですが、15分前に入れました。
まだお客さんも少なかったので、すんなりパンフレットを購入&ライブCD予約ができました

100320_17.jpg
ロビーにはチラシに使用されているイラストの原画油絵が飾られています。
この原画、反射して非常に写真に撮りずらい・・・。
皆さん、斜めから、しゃがんでみたりと、色々な角度から苦労して撮影されていました。
私もイマイチ上手くいきませんでした。

100320_18.jpg
遠目からだと全く気がつかないのですが、よ~く近づくと油絵だってわかります。

100320_15.jpg
そんな原画が飾ってあるサイドのベンチに腰掛けて、やっとパンを食べられました。
この「東京クリームパン 赤坂桜」(赤坂サカス内入口入って左手すぐでゲット)は冷やして食べると美味しいパンだそうです。
買ったばかりだったので、まだ冷たくて、クリームもたっぷりとろ~りで大変美味しかったです

パンを食べながら様子を見ていると12:00過ぎから徐々に人が増え、グッズ売り場は長蛇の列になりました。
休憩時間もパンフレットを求める人で長蛇の列。パンフ購入を考えられている方はちょっと早めに入られた方が良いかもしれません。
パンフは美麗なイラストが盛りだくさんです。もちろんインタビューも沢山で読みごたえは大。

グッズは、色々ありました。
黒地に薔薇サムのマークのTシャツやトートバック(カッコイイ)
過去作品のDVD、「中島 かずき」さんサイン入り薔薇サムの本など、いつものグッズにまぎれて、見慣れないグッズが・・・
役者の方の練習用に収録したデモ音源のCDみたいなもの(すみません・・・記憶があやふやで)が売っていて(1500円位)ちょっと気になったのですが、見送りました。
でも、ちょっと興味があります。買えばよかったなぁ~と後悔。

100320_19.jpg
そして、いよいよ座席へと向かいます。
「2階席のE列左サイド」と端の方でしたが、前の席が空席だった事で、意外と見通しは良かったです。

ステージサイドには金網越しにバンドの方々が音合わせなどされています。
たまにコチラに向かって手を振られていました

段々テンションが上がってきます

ここから感想なので、ネタバレ致します
(これから観劇予定の方はご注意を

一言でいえば、やっぱり面白い
そして、今回は天海祐希さんが出演されているだけあって、いつにも増して豪華で煌びやかな舞台でした。

☆衣装についての感想

天海さんの七変化は凄かった。
次から次に変わります。
服装、髪型、髪の色まで変わります。

特に印象的だったのが、女王就任お披露目の舞踏会シーン。
白いドレス姿から、ドレスを破り捨て、髪を振りほどき、アッという間に男装の麗人の様な格好に・・・
そのままフラメンコ調の歌とダンスが繰り広げられました。
浦井健治さん演じる「シャルル・ド・ボスコーニュ」王子の心を虜にしてしまうシーンです。
観客の心も虜にする程カッコイイ。

その後もベルばらオスカルそっくりの衣装や、処刑シーンでは、まるでジャンヌダルクという風で、カッコイイし、豪華で、とにかく楽しい(大興奮)

他の方の衣装もモチロン凄い!!

高田聖子さん演じる「アバンギャルド公爵夫人マローネ」
藤木孝さん演じる「ラーカム・デ・ブライボン大宰相」
神田沙也加さん演じる「ポニー・デ・ブライボン」
このお三方。
常に衣装がキラキラです。
眩し過ぎます。

そしてラスト近くでは、見得を切る場面での
天海祐希さん演じる「アンヌ・ザ・トルネード」
古田新太さん演じる「石川五右衛門」
の衣装。
金銀ギラギラかっこいい~

このキラキラ・ギラギラ具合は大注目です

山本太郎さん演じる「デスペラード豹之進」
ウエスタン風のガンマンスタイルでちょっと色合いが他の主要出演者に比べると地味。
が、マントの裏地が花柄!?
ちょっと変わっていて面白いし、マントをひるがえす度に映えます。

森奈みはるさん演じる「エリザベッタ」
登場シーンでは、ブルーのドレスでマカロンを食べていました。
双眼鏡で観ると、ん!?頭にもマカロンがいっぱい付いている。
貴族のイメージでしょうか

そして、そしてお笑い担当
橋本じゅんさん演じる「海賊バルバ・ネグロ」
天海さんも真っ青な七変化!?
ここは舞台を観る前の方が、万が一知ってしまうと面白さ半減なので、詳細は秘密です。
ヒントは「赤」→「ピンク」→「オレンジ」→「白」
客席全員で大大大爆笑です

パンツを被った五右衛門の変態姿や、ボンゴレ伯爵姿(とっても怪しいヅラのデカさに(笑))、
ラスト付近、マローネのドレスを脱ぎ去った後にあらわれたピチピチな衣装(後ろ姿に秘密有り)など、他にも衣装で大爆笑を誘うシーンが多かったです。

☆演出についての感想

この舞台では、LEDライトによる映像がとても重要で効果的な使われ方をしていました。
ステージ正面奥の三面鏡の様な映像と手前の両サイドから現れる背の低い映像が凄い。
セットと映像でアッという間に、街中、城中の部屋、海の上、など場面が目まぐるしく変わります。
その変わりようが見事。マジックかって位。
何か仕掛けがしてあって、映像のドアなのに開いたりします(驚)
花道の様子がLIVE映像として映し出されたりもするので、花道が見えない席の人も楽しめます。
とにかくLEDライトによる映像重要

粟根まことさん演じる「ガファス・デ・ナルビオッソ将軍」が後半に何度か殴られるシーンがあるのですが、そこでの演出も面白い。
殴られた瞬間、ボクシング漫画の様なイラストが映り、スローモーションっぽい効果音が流れる。
そして黒子3名登場。
ゆっくりと将軍を持ち上げて、ひっくり返し、地べたにおろす。
そこまででも大爆笑なのですが、その後で黒子が礼をして去っていく。黒子なのに。
舞台上の他キャストも礼でこたえる。チャンチャンチャ~ンみたいな感じで。
その間、将軍は倒れたまま。
ここで客席は拍手と爆笑で包まれます。
そんなスローモーションシーンが何度かあるのですが、粟根さんラストのシーンでは黒子の数が倍になっているのに、また大爆笑でした。

☆出演キャストについての印象

古田新太さん
面白キャラでもあり、決めるところでは渋く決める。
最後に天海さんと一緒に見得を切るシーンは最高にカッコ良くてゾクゾクしました。

天海祐希さん
手足が長いし、宝塚の男役トップスターをされていただけあって、1つ1つの動作が様になる。
赤いドレスや白いドレス、豪華な衣装に負けない存在感があります。
歌うシーンでは凛々しい声で思い切り歌い上げる姿が素敵でした。
殺陣のシーンはとてもカッコイイ。
オスカル~(ベルばら大好きで大興奮

浦井健治さん
はじめはちょっと情けない系キャラで登場するのですが、いつの間にか頼りになる王子さまに・・・。
アンヌ王女への熱烈な想いをのせて歌い上げるのですが、毎回アンヌには鳥肌が立つほどウザがられる、ちょっとお茶目な役。
しかし、流石にミュージカル畑の方。良い声されています。
この方もちょこちょこ笑いを誘っていました。
浦井さんファンの方が沢山観に来られていたのか、途中の休憩時間にあちこちから、「シャルル王子・・・」が「浦井さんが・・・」って声が聞こえてきました。

山本太郎さん
新感線舞台初参加。
実は私、この俳優さん結構好きなので、ご出演を知ってから楽しみにしていました。
ガンマンスタイルの賞金稼ぎ。なのにイマイチクールな2枚目になりきれない。結局五右衛門の味方をしてしまう人情派。
そんな役がとても似合っていました。
ワイルドでカッコイイ

神田沙也加さん
オルゴールの上で回っているお姫様のように、フワフワ可愛い
お姫様姿が似合いすぎていました。
歌声も可愛くて、聖子ちゃん思い出しちゃいました。
役どころは、ただ可愛いだけではなく、実は芯の強い女性の役。

森奈みはるさん
とにかく初登場シーンの印象が強いです。
アンヌに対し、王家の血筋を引いている事を歌で説明しようとするシーンなのですが、高音ボイスで続けざまに歌い上げる姿が、とにかく迫力でした。
そして可笑しかった(笑)

橋本じゅんさん
も~かつて無い程、笑わせて頂きました。
とにかく全ての登場シーンで大爆笑を誘います。
客席も一体となる爆笑シーンの数々を是非、生の舞台で体感して頂きたいです。

高田聖子さん
とにかくアクの強い悪役で本領発揮という感じです。
豪奢なドレス姿は大迫力で存在感が強烈。
欲深く嫌味で執念深い悪役。
高田姉さんはすっごく楽しんで演じられているとしか思えない程、生き生きとされていました。
ハマり役です。

粟根まことさん
やっぱり爆笑を誘います。
初登場シーンで、妻役の森奈みはるさんと一緒に掛け合い漫才の様になるシーンがすっごく楽しい。

藤木孝さん
ザ・悪役。
うしろに悪代官姿が観えました(笑)
歌声も大迫力!!

☆音楽についての感想

ロックミュージカルという事で、音楽がカッコイイ。
ロックだけでは無く、シーンやキャラクターに合わせて、演歌調やフラメンコ調など様々な曲調があり、すっごく楽しめました。
クライマックスシーンでは、どこかで聞いた曲が・・・と思ったら
前回の五右衛門ロックでも使われた「五右衛門ロック」のアレンジバージョンでした。
「冠徹弥」さんと「教祖イコマノリユキ」さんがハイトーンボイスでガンガン歌い上げるのにテンションMAXです。

☆全体を通しての感想
前回の「五右衛門ロック」は、派手ではありましたが、シリアスでちょっと物悲しさが残る様なストーリー。
今回はド派手で、煌びやかで、爆笑どころも数多く、前回より明るいというか、眩しい舞台だと感じました。
まさに宝塚のレビューみたいな(実際には観に行った事ないけれど・・・)
続編という位置づけでは無いのかもしれませんがあえて比べると、そんな印象。

この舞台、とにかく爆笑と拍手が度々おこります。
みんな笑っている
みんなノリノリ
楽しい~舞台でした
何度も言っちゃいますが、この舞台はやはり生で観てほしいと強く感じました。

薔薇とサムライ薔薇とサムライ
(2010/03)
中島 かずき

商品詳細を見る


theme : 舞台とミュージカル
genre : アイドル・芸能

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『薔薇とサムライ』@プレビュー公演

楽しみで楽しみで、、、待ちに待ったこの公演♪ 本日プレビュー!行ってきましたぁー! 「薔薇とサムライ」 本日の席は、C列。 (うふ...

薔薇とサムライ/赤坂ACTシアター

☆公式ページ →→ 新感線RX『薔薇とサムライ』 『薔薇とサムライ』行ってきました~~ 今回は天海祐希さんを迎えての公演だった...

comment

Secret

わ~~

こんばんは^^バラサム観に行かれたのですね~いいなぁ~
私は5月に観劇なので、まだまだお預けです><
レヴュー見てたら、めちゃ面白そうですね
じゅんさんファンなので、じゅんさんコーナー楽しみです!!!
公演ごとに進化する新感線。あぁ早く見たいです^^

楽しみ♪

梅子さん、こちらにも、こんばんは!

ネタバレの手前まで拝見しました。
グッと我慢しました(笑)。

あのポスターの絵が油絵とは驚異的ですよね。
写真はとっても綺麗にとれていますね!
私ももっと写真の撮り方とアップを勉強しよう。

席は、見通しが良くて良かったですね!(しかし、完売なのに空席とはなんと勿体ない!)。
パンフは私も先に買う事にします。情報をありがとうございます!
一枚で申し込んだのだけ当選して一人でちょっと寂しいですが、
ステージの写真を見て益々楽しみになりました。
超かっこいいですね!

観劇したら、また梅子さんの感想のつづきを読みにきます。
梅子さんもヘンリー六世の観劇頑張って!v-238

jirokoさんへ

jirokoさん、じゅんさんファンならばかなり楽しめる舞台ですよv-218
どういう事か言いたいけれど、グッと我慢いたします(笑)
5月までお待ち下さい。
>公演ごとに進化する新感線。あぁ早く見たいです^^
ホントですね。観に行く度にビックリさせられます☆
今後も楽しみです☆

>LUVLUVさんへ

こちらにもコメントありがとうございます☆

皆さん、油絵を写真に撮るのに四苦八苦でした。
はたから見ていたら面白いけれど、いざ自分が撮る時はやっぱり四苦八苦でした(汗)

>しかし、完売なのに空席とはなんと勿体ない!
そうなんですよね。前の席とその隣の隣の席が空席でした。
どういう事でしょう?当日券だって、並んでいた人数を考えると完売した筈なのに。
勿体ないですよね☆

私も、2枚で申し込んだものはことごとくハズレたので、一人で観劇でしたが、大爆笑を誘う舞台に、隣の人も、後ろの人も声をあげて笑い、会場が一体となった様な感じで、寂しさとかは無く、なにやらとっても楽しい気分でした。
新感線の舞台はやっぱりスゴイです。

ステージの写真は当然開演前のものですが、開演開始で音楽が鳴り始めると、スクリーンに薔薇サムのロゴが映って、ワクワク感が最高潮になります☆

LUVLUVさんも「薔薇サム」公演楽しんで下さいませ。

お邪魔します!

拙宅へのご訪問有難うございました。
早速遊びに寄らせてもらいました。

壮大な観劇レポ、楽しく拝見しました。
いやぁ~本当に楽しくて、面白くて、スカっとする作品でしたね。
観客を楽しませる事にかけては、新感線のエンターテーメントは最高です!

私の感想が書けたら、また改めて遊びに寄らせてもらいますね。
これからもよろしくお願いします。

>麗さんへ

ご訪問ありがとうございます♪
長い感想にお付き合い頂き恐縮です。。

>観客を楽しませる事にかけては、新感線のエンターテーメントは最高です!
全くの同感です☆
今回は色々な要素が入っていて、楽しかったぁ~♪♪
私、劇団とか殆ど知らないのですが、劇団☆新感線にはハマっています☆
(下ネタ色が強すぎるモノはちょっと苦手ですが・・・苦笑)

麗さんの舞台感想も楽しみにしていますね。
また、遊びに行かせて下さいネ。
よろしくお願いしますe-68

なんとか

感想が書けたので再びお邪魔します♪
今回は主役2人のみの感想です。

とにかく天海さんの格好よさ&美しさの惚れまくってました。(笑)
どの衣装も似合ってて本当に素敵でした。
しかもしっかり笑いも取ってたし、すっかり新感線テイストに馴染んでましたね。

次は4月1日に観に行く予定です。
プレビュー公演から半月。
どんな風に成長しているのか楽しみです。

>麗さんへ

再びご訪問ありがとうございます☆
4/1にも行かれるのですね☆
羨ましいです。
私は1回分チケットとるのがやっとでしたよ。

今回は、何度観ても笑えそうな舞台ですよね。
楽しんで来て下さいね☆
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
お知らせ
拍手コメントに対して…
拍手コメの閲覧ページは分かりづらいと思うので、普通のコメと同様に該当記事のコメント欄にてお返事を書かせて頂いております。
非公開コメントに対して…
やっぱりお返事したいので^^宛名をイニシャルにし、当たり障りの無い内容に抑えるよう配慮し、お返事しております。
コメントされる際はあらかじめご了承くださいませ♪

恥ずかしがり屋さんじゃない方は普通にコメントをどうぞ~♪
☆梅子☆
ブログ紹介
☆梅子のブログへようこそ
お気に入りから気になっている事まで、気ままに書いています。
主に舞台、エンタメ系記事が多いです。
☆上川隆也さんが大好きなので、上川さん関連記事多いです♪
☆アメブロも書いています。
梅子のブログ☆出会えた奇跡に感謝して・・・
※上川さん記事は当ブログで書いています。
2009年度までのブログはコチラ

ツイッターでつぶやいています。

※ネタバレ注意
※あくまでエンタメは“娯楽”として観て書いています♪
※当ブログの画像は個人で楽しむものであり、商用目的ではありません。権利は著作元へ帰属します。また、ショッピングサイトへのリンク画像は全てアフェイエイトプログラムを使用しております。当ブログの画像・文章の転載はご遠慮下さい。

梅子について知りたい(笑)方は下のプロフィールへどうぞ^^↓
プロフィール

梅子♪♪

Author:梅子♪♪
詳細なプロフをご覧になりたい方は梅の画像をクリック↓

最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

当ブログ最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。